Home Music Rock & Roll ”Is it unpublished song of the Beatles?” 「She Has Really Got Knock...

”Is it unpublished song of the Beatles?” 「She Has Really Got Knock Me Down」【Return The Beatles】

95
0



《She Has Really Got To Knock Me Down》

From the imitation Beatles third album (!) ” Return The Beatles “, this is the fourth Beatles style number lol

This time, the setting of this music is that John, being the most into black music out of the four members, wrote a cool black gospel inspired song using call and response. Something like along the lines of ” All I’ve Got To Do ” and ” Not A Second Time “.

What’s amazing about the Beatles is that they were not a simple rock’n’roll band even in their early days.

It seems that John liked Smokey Robinson, and he was trying to write songs in his style from time to time, so this song is along the same lines.

Of course, I wish I could sing with a deep voice with a little more power like John, but please cut me some slack. 🙂

When I first made it, I thought it was too plain and simple, but the way the chorus part is overlapped by John, Paul, and George while having an easy-going air, I think it turned out pretty decent.

By the way, this reckless project is not to imitate the Beatles hit songs, but to make up an original album, so there are still quite a few difficulties.

At the least, I still need one original song for George, a song for Ringo, a few Motown style covers (so-called “cover” because they’ll actually be my originals), some Chuck Berry rock’n’roll songs (again, my originals) and these might actually be even more difficult than the “Lennon=McCartney” styles.

Beatles albums are known for their variety of styles, which equates to even more craziness. So I’m pretty wary of what’s in store for me ahead, but I’ll do what I can at my own pace. 🙂

◎The setting of this Beatles style imitation song is that John Lennon, being a fan of black music, tried to write in the black music style.

※Lyrics/Composition/Arrangement/Song/Chorus/Performances etc by Ah

☆Please subscribe to my channel! And if you like it, please thumbs up!

+++

幻のビートルズ・サード・アルバム(!)『Return The Beatles』より、またまた架空のビートルズナンバー第4弾です(笑)
今回は4人の中で一番ブラックミュージックに傾倒していたジョンが、ゴスペルにヒントを得たCall & Responseを生かした渋い曲を書いてみたという設定です。『All I’ve Got To Do』『Not A Second Time』などの系統ですね。
初期も単純なロックンロール一辺倒のバンドではないところが、ビートルズの恐ろしいところです!
ジョンはスモーキー・ロビンソンが好きだったみたいで、それ風の曲を時々書こうとしていたらしいので、この曲もそういう延長線上の作品となります。
もう少しジョンみたいにドスの効いた深い声で歌いたかったけど、そこはまあご愛嬌^^
最初作ったときは「地味な曲が出来上がってしまった」と思いましたが、アッケラカンとしていながら、ジョンとポールとジョージが総動員で、それぞれ重ねたコーラスが後を引く感じは、まずまず雰囲気が出ているかなと…^^
さて、この無謀な企画はビートルズのヒット曲を真似るということではなく、あくまでアルバム一枚をでっち上げることにありますので、そうなるとあと結構な難問が横たわっております。
とりあえずジョージのオリジナルを一曲、リンゴの歌う曲を一曲、モータウン系のカバー曲がいくつか(これもカバーのていで自作)、チャックベリーなどロックンロール系をいくつか(これも同様に自作)、このあたりが少なくとも必要で、もしかするとLennon=McCartneyの作風よりある意味キツくなりそうです(汗)
ビートルズのアルバムはバラエティに富んでいることが特徴です。なのでマニアック度もグンと上がります^^;
ちょっと次回以降が恐ろしいですが、まあ、またのんびり頑張りま~す(笑)

◎この曲は黒人音楽に憧れていたジョン・レノンがアルバムの収録用に黒っぽい曲を書こうとしたという設定です

※作詞/作曲/編曲/歌/コーラス/演奏他すべてAh

☆このチャンネルへのチャンネル登録よろしくお願いします! もし気に入ってもらえたら「いいね!」を押してください!

+++

「She Has Really Got To Knock Me Down」    words by Ah

Before I met her, I was so green.
I saw her, first she looked just like a queen.

I wonder what to do.
What goes on in my heart?
What is love?
This is love?
Maybe I’m in love.

She has really got to knock me down.
(She’s alright, hey-he-hey.)
She has really got to knock me down.
(She’s alright, hey-he-hey.)

Because I’m so shy, I wouldn’t play the game.
But now I know I will never be the same.

She is good.
Looking so good.
What can I do after all?
This is love
at first sight?
Maybe I’m in love.
((She is so cute.))

She is really my only girl.
(There’s nobody but her.)
She is really my only girl.
(There’s nobody but her.)

※interlude

She has really got to knock me down.
(She’s alright, hey-he-hey.)
She has really got to knock me down.
(She’s alright, hey-he-hey.)

+++

「彼女は本当に僕を参らせてしまった」

彼女に出会うまで、僕はとてもウブだった
彼女に会ったとき、まるで女王様みたいに見えたっけ

どうしていいかわからない
僕の心の中で何が起こっているんだい?
恋って何?
これって恋?
たぶん僕は恋しているんだろう

彼女は本当に僕を参らせちまった
(彼女は最高だよ、ヘイ・ヘ・ヘイ)
僕は本当に彼女に参っちゃったんだよ
(彼女は最高なんだ、ヘイ・ヘ・ヘイ)

僕はとても内気で、ゲームをしようともしなかった
でも今はこのままじゃいられないってわかってる

彼女は素敵だ
見た目だってイカしてる
いったい僕はどうしたらいいんだ?
これが一目惚れってやつ?
たぶん僕は恋に落ちているんだね
((彼女はとってもキュート))

彼女は僕のたった一人の娘さ
(彼女のほかには誰もいないよ)
彼女は僕のたった一人の娘なんだ
(彼女のほかには誰もいやしないさ)

※間奏

彼女は本当に僕を参らせちまった
(彼女は最高だよ、ヘイ・ヘ・ヘイ)
僕は本当に彼女にすっかり参っちゃったんだよ
(彼女は最高さ、ヘイ・ヘ・ヘイ)

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here